【宮ヶ瀬湖周辺】子どもと120%楽しめるおすすめスポット5選!

宮ヶ瀬湖周辺で子どもと一緒に120%満足のおすすめスポット5選を紹介します!

すべてママ&キッズで訪れた場所ばかりなので、ママ目線でのおすすめする理由も書いています。

※ 2019年以前に訪問したものを記事にしていますので、最新情報をご確認ください。
※ お子様の年齢・体力や天候・気候に合わせてご判断ください。また特に2020年からは感染症防止対策をお願いします。

広告


すべての世代が楽しめる!『県立あいかわ公園』


まずは宮ヶ瀬湖の北東側、愛川町にある『県立あいかわ公園』はおすすめです。

あいかわ公園には、よちよち歩きの子どもが遊べる遊具やロードトレイン、小学生の元気キッズにおすすめアスレチック『冒険の森』ふわふわドーム工芸体験広いはらっぱなど、広大なエリアにたくさんの遊びが広がっています。

入り口近くに 小さな子どもが遊べる遊具おむつ替えや休憩のできる管理センターがあるので安心です。管理センターそばからは宮ヶ瀬ダムへと続くロードトレインが走っています。

小学生くらいの元気キッズとなら、アスレチックや公園散策も楽しめそう。広い広い公園で、家族みんなで1日中遊べる場所です。

詳しくは【 あいかわ公園を訪問した詳細レポート! 】の記事をごらんください。

給食パンを見学!『オギノパン工場』


あいかわ公園や服部牧場からほど近い場所にある『オギノパン工場』は、予約不要・無料で見学できる楽しいパン工場です。

パンが作られる様子を気軽に見学できたり、たくさんの種類のパンがならぶベーカリーで購入できたり、いつも人気の場所です。給食パンがこんがり焼かれて、大きなベルトコンベアーで運ばれていく光景は美しいです!

パン直売所のそばに 工場見学通路があって、気軽に見学できるのがうれしい。子どもは大喜びです。

直売所にはいろいろな種類のパンが並んでいます。丹沢あんぱんを購入。

買ったパンは教室風のイスと机で食べることができます。どこか懐かしい雰囲気!

いつも人気の工場なので、空いている時間に合わせて訪問するのがおすすめです。詳しくは【 オギノパン工場へ行ってきた詳細レポート! 】の記事をごらんください!

たくさんの牛や馬たちが暮らす『服部牧場』


『あいかわ公園』の近くにあるのが『服部牧場』です。広大な牧場では牛や羊を間近にみたり、しぼりたて牛乳からできた絶品のアイスクリームが食べられる場所です。本場ドイツ肉のソーセージ料理も美味しい。

農場には200台分もの無料駐車場があり、一部を除き、牛舎などの見学も自由にできます(2019年現在)。間近でみる牛さんたちは本当に大きい

羊くんや豚さんたちも過ごしています。動物たちの成長を見られます。

牧場は比較的自由に歩いて散策させてもらえるのがうれしい(ただし見学の車の出入りがあるので、注意してください)

詳細は【 服部牧場へ行ってきた詳細レポート! 】の記事をごらんください。

遊びがいっぱい!『宮ヶ瀬湖畔園地』


さきほどまでは宮ヶ瀬湖の東側を紹介してきましたが、次に紹介するのは宮ヶ瀬湖の西側・厚木市側にある『宮ヶ瀬湖畔園地』です。

こちらも、あいかわ公園とならぶ広大な県立公園で、大きな広場ロードトレイン・キッズ遊具・大橋などが広がります。

カヌーなどのアクティビティなどが充実していて、比較的大きなお兄ちゃんお姉ちゃん〜大人向けのものが多いのですが、小さな子ども向けの施設もちゃんとあります。

入り口に近い『みやがせミーヤ館』には、なんとボーネルンド監修の無料の遊び場があります!クラフトなどもここで開催されます。

それに、ロードトレインミーヤ号は家族連れに人気です。

詳しくは【宮ヶ瀬湖畔園地を訪問した詳細レポート!】の記事をご覧ください。

自由研究にも!?『宮ヶ瀬ダム』

最初に紹介した『あいかわ公園』と隣接するのが『宮ヶ瀬ダム』です。あいかわ公園からは『あいちゃん号』でアクセスできます。
(もともとは宮ヶ瀬ダム建設にあたって、あいかわ公園や宮ヶ瀬湖畔園地がつくられたので、ダムを中心に公園が広がっています)

ダム上部は通路になっていて、通路を進むと『水とエネルギー館』や『ダムカレー』の食べられるレストランがあります。またダム上部へは無料エレベーターのほかに『インクライン』もあります。

自由に見学できる場所ですが(宮ヶ瀬湖の見学案内ページはこちらダムという構造物上、またエネルギー館の展示内容からも、大きなお兄ちゃんお姉ちゃんや学生向けの場所だと思いました。

ちなみに、上部通路は結構広くしっかり作られていますですが、筆者は高所恐怖症なのでそこにいるだけでブルブルでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です