【箱根】子どもと一緒に楽しめるおすすめスポット9選!【詳しい感想】

子どもが楽しめる箱根のおすすめスポットについてまとめました。

箱根は山深い場所なので、起伏がある場所も多くあります。そこで子どもにもやさしい工夫がなされていたり散策にちょうど良い観光施設を選びました。

【 ベビー・幼児・小学生 】などの年代別のおすすめ観光情報詳しい感想も記載しています。

※ 2019年以前に訪問したのものを記事にしています。
※ 記事は、編集部のママ&キッズ親子がこれまで度々訪れてきたものをまとめて記事にしたものです。日帰りお出かけで1〜2ヶ所の訪問が目安です。

※ お子さまの年齢・体力や、気候・元気などを考慮のうえご判断ください。また、感染症対策などをお願いします。

Ads by Google


ベビーカーも楽々!『星の王子さまミュージアム』


箱根・仙石原エリアにある『星の王子さまミュージアム』は、赤ちゃん・小さな子どもから大人まで楽しめる美しいミュージアムです。

一歩園内に入ると、まるでフランスの街並みに迷い込んだようなかわいらしい空間が広がります。

ここは段差がなく、ゆっくり歩いて軽く一周できるので、親子でのおでかけにおすすめです。実際に車イスの人が散策しやすいように作られているので、もちろんベビーカーもOKです。

ガーデナー吉谷桂子さんが手掛けられているガーデンはフォトジェニックな場所ばかりなので、思い出づくりにもおすすめです。訪問した際は、実際に吉谷さんが庭のお手入れをされていて明るい雰囲気でした!


園内にはおむつ替えシートがあり、それほど広くはないですが休憩エリアがあります。

定期的に『謎解きゲーム』などの子どもがわくわくするイベントも開催されています。

詳細は【 星の王子さまミュージアムを訪れた詳細レポート 】の記事をごらんください。

子ども遊具いっぱい!『箱根彫刻の森美術館』


『箱根彫刻の森美術館』は、めずらしい屋外型ミュージアムです。広い庭をぐるっとまわると、さまざまなアートに出会い、子どもの感性が育まれそう!

彫刻の森には『ネットの森』『しゃぼんだまの城』など子どもの遊び場が充実しているので、こどもたちの楽しい声がいっぱいです!

園内には広いおむつ替え設備もあります。またお弁当持込OKで、休憩場所もそれなりにあるのがうれしい。

ただ、彫刻の森は広大で起伏があり1周まわるのは結構な運動量です。また屋外展示が多く、日差しがさけられる場所も少ないので、彫刻の森美術館には季節の良いときの訪問がおすすめです。子どもの年齢・体力・天候などを考慮して判断してくださいね。

詳しくは【箱根彫刻の森美術館を訪れた詳細レポート!】の記事をごらんください!

Ads by Google


水族館やロープウェイが人気!『箱根園』


箱根の芦ノ湖畔に広がる『箱根園』は、水族館・ロープウェー・遊覧船・レジャーエリアなどがそろった複合施設です。

その中にある『箱根園水族館』は日本で一番標高の高い場所にあるめずらしい水族館です。

太陽の光が美しい大水槽や、人気の温泉アザラシなど、ゆっくりいやされます。

バイカルアザラシ ののんびりショーは大人気!

館内はそれほど広すぎず、ゆっくり回れます。館内にはおむつ替えシートのある広いスペースがあります。

箱根園水族館は『箱根園』というレジャー施設内にあり、箱根園自体がずいぶん前に作られた施設なので、ベビー&キッズの設備が他の施設ほどには充実していない印象はあります。

でも水族館の飼育員さんと動物たちのあたたかい交流など、のんびり穏やかな雰囲気が素敵です!

詳しくは【箱根園水族館の詳細レポート】の記事をごらんください。

美しい鉄道模型!『ガーデンレイルウェイカフェ』


箱根・仙石原エリアの静かな場所にある『ガーデンレイルウェイカフェ』は、スイス鉄道をイメージした本格的な鉄道が走ります。

森のなかの静かなカフェですが、訪れたときはほかにも数組、鉄道好きキッズ&ママたちが楽しんでいました。

おそらく、もともとは大人の趣味として作られたカフェのため、細やかなものも多く展示されているので見学の際は注意が必要ですが、美しい鉄道模型に子どもたちはじーっと静かに見いっていました。

詳しくは【箱根ガーデンレイルウェイカフェを訪れた詳細レポート!】の記事をごらんください。

小学生以上におすすめ!『箱根強羅公園』


小学生以上の元気キッズには『箱根強羅公園』もおすすめです。

四季折々の花が、センス良くとても美しく咲いています。特にバラの季節は美しいです。

もうひとつのおすすめが、園内にある『箱根クラフトハウス』です。ここでは子どもから大人まで、ガラス細工や陶芸などさまざまなクラフトを体験できます。

ところで、なぜ小学生以上がおすすめかというと —- 強羅公園は山の急な斜面に作られた公園のため、階段が多いからです!

でも、階段ひとつひとつに味わいがあって、100年以上前に作られた公園をそのまま大切にしているところが良いですね。

夏には元気キッズ向け昆虫イベントなども開催されていますよ。

詳しくは【箱根強羅公園を訪れた詳細レポート!】の記事をごらんください。


Ads by Google


小学生以上におすすめ!『ポーラ美術館』

同じ箱根・仙石原エリアにある『ポーラ美術館』は、大人向けかなと思いきや子どもにやさしい心遣いがたくさんなされた美術館です。

小さな子ども向けの絵本が置かれていたり、イベント・企画がなされることも。

赤ちゃんのための授乳室はこんなに広々と、ゆったりしています。

森の遊歩道』は子どもとの散策におすすめです。

赤ちゃんや小さな子ども向けの工夫がうれしい美術館ですが、どちらかといえばもう少し大きくなったときの方がもっと楽しめそうな印象でした。

というのは、美術館内は休憩ベンチはそれほど多くないですし、館内・森の遊歩道ともに飲食不可・お弁当などの持込不可なのです(この点、彫刻の森美術館は持込可能です)

詳細は【 ポーラ美術館を訪れた詳細レポート 】の記事をごらんください!

小学生以上におすすめ!絶景散歩なら『箱根湿性花園』


箱根のまだそれほど知られていないかもしれない絶景スポットが『箱根湿性花園』です。


季節の花がやさしく咲く園は、まさに絶景。遊歩道は車イスが通行できるほどの広さがあるので、ゆっくりと散策できます(館内では車イスの貸出もあるほどです。遊歩道は広めですが、通行の際は注意してくださいね)。心がリフレッシュするような静かで美しい園です。

詳細は【箱根湿性花園を訪問した詳細レポート】の記事をご覧ください!

【のりもの編】『箱根登山電車アレグラ号』

箱根といえば乗りものも人気です。ただ、事前に乗りものの内容を詳しくチェックしておくことがおすすめ。乗りものによって、子どもが楽しめるものとどちらかといえば大人向けのものがあるからです。

“あじさい電車”や”80‰の急勾配”で有名な『箱根登山電車』は、家族連れにも人気の列車です。

(上記画像は箱根登山電車による個人利用OKの無償提供写真を掲載しています。詳細はこちらのページ

ただ、乗車するなら車両は選んだ方が良いと思います。登山電車に古くからあるレトロな車両はかわいらしいですが、狭くて段差があるものもあります。

子どもと一緒に乗るなら最新の『アレグラ号』一択です!車内全体が広い座席・展望窓になっていますが、さらに先頭車両には大展望窓のついたバリアフリースペースがあります。急勾配を駆けのぼる風景や、スイッチバックの線路の様子なども見られて楽しいです。

詳しくは【箱根のりもの記① 箱根登山電車に乗車しました!】の記事をごらんください。

『箱根ケーブル』『箱根ロープウェイ』はおすすめかどうか??

– 箱根ケーブルは段差に注意!

箱根登山電車は『箱根湯本〜強羅』を走りますが、その後『強羅〜早雲山』の区間に『箱根ケーブル』が走っています。箱根ケーブルは箱根の別荘地を走る短時間のケーブルです。

強羅公園に行くには便利なケーブルですが、最寄駅である『公園上駅』『公園下駅』ともに段差があり、強羅公園自体も大変段差が多い場所です。そのため利用するにしても、おもに小学生以上の大きなお兄ちゃんお姉ちゃん向きだとおもいます(ケーブルの詳しい内容はこちらのページをごらんください)

– 箱根ロープウェイは、火山ガスのためおすすめできません!

早雲山〜桃源台』をつなぐ『箱根ロープウェイ』は日によって微量でも火山ガスの影響があるので、おすすめはできません。これについては 箱根ロープウェイホームページにも【注意喚起】が載っています。

『箱根ケーブル』『箱根ロープウェイ』ともに車両自体はバリアフリーが進められていて素晴らしいのですが、観光目的や自然状況から現時点ではおすすめはできません。

【のりもの編】バリアフリーがうれしい!『箱根海賊船』

箱根のてっぺんにある芦ノ湖の人気のりものが『箱根海賊船』です。小田急グループはバリアフリーに力を入れていて箱根海賊船は快適に乗車できます。

船に一歩足を踏み入れると、広いスペースになっていました。

船内はバリアフリーになっていて、上下の移動はエレベーターで行えます。

売店もあるので、飲み物やたべものが欲しくなったときに便利。

座席もゆったりとしていて、乗り心地も快適でした。筆者はのりもの酔いしやすいのですが、箱根海賊船では乗りもの酔いしませんでした。

ただ、シーズン時には座席が混みあうことがあるのでご注意ください。また安全に注意して乗船してください。

詳しくは【 箱根海賊船ホームページ】をごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です